2018/1/14(sun)
TROPICAL MODULAR CLUB

@沖縄/那覇 美栄橋on @on_okinawa

START 16:00 END 21:00
¥1000(D別)

-SPECIAL GUEST LIVE-
食品まつり a.k.a foodman

-MODULAR SYNTHESIZER LIVE-
takane EABL
KIM (Ku’Damm)
LEF!!!CREW!!!

MODULAR SYNTHESIZER + @ LIVE & SESSION LOUNGE from OKINAWA!!!

-SPECIAL GUEST LIVE-

食品まつり a.k.a foodman Profile

LEF!!!CREW!!! Profile

takane EABL Profile

KIM (Ku’Damm) Profile

INFORMATION

ADDRESS
沖縄県 那覇市牧志1-20-13 SO 牧志ビル4F
TEL.070-6524-3498
on2014okinawa@gmail.com
営業時間:月-木 21:00~03:00/金・土 22:00~06:00/日 20:00~02:00

美栄橋駅(沖縄都市モノレール線「ゆいレール」の駅)の
国際通り側の出口を出たところにある三角形のガラス張りのビル。

食品まつり a.k.a foodman

名古屋出身、横浜在中の電子音楽家。2012年にNYの〈Orange Milk〉よりリリースしたデビュー作『Shokuhin』を皮切りに、Diplo率いる〈Good Enuff〉を含む、国内外の様々なレーベルからリリースを重ね、2016年の『Ez Minzoku』は、海外はPitchforkのエクスペリメンタル部門、FACT Magazine, Tiny Mix Tapesなどの年間ベスト、国内ではMusic Magazineのダンス部門の年間ベストにも選出され、その年に行われたワールド・ツアーではUnsound、Boiler Room、Low End Theoryに出演。自身のルーツである沖縄を背景に、シカゴ・フットワークからのインスパイアとポスト・インターネット以降のハイブリッドな感覚から浮かび上がる特異のサウンドはニューエイジやアンビエントとひも付きながら、新世代の電子音楽やアヴァンギャルドとして楽曲の制作を行なっている。ファストカルチャープロジェクト1980yenや、Bo NingenのTaigen KawabeとのユニットKISEKIとしても活動を行なっている。

LEF!!! CREW!!!

過去に複数メンバーを率いてきた時から今は、核であるWSZ80の完全なソロ・サウンドとして更なる深化を遂げ続けている「1人でもレフクルー」かつて幾多のフロアを狂乱させてきた歴戦のDJスタイルを完全に葬ってまで、モジュラー・シンセサイザーでの演奏という完全にフィジカルなライブに移行するその様は紛れもなく、現代における"ただ最新のパンク・バンド"と本人も語る通りの、現在のエレクトロニックなダンス・ミュージックが見失ってるアティテュードを取り戻そうと孤高に奮闘中!2017年にはモジュラーでダンスする「THINGS -Electric Dance Modular-」を立ち上げる。 MORE INFORMATION >>> http://things-modular.com

takane EABL

http://www.takane-eabl.com
[モジュラーシンセ, Okinawa/ Tokyo Japan]

Sound From a Toy Box
Using a colorfully patched modular synthesizer system, create and play sound in real time.
Musical roots are HipHop, Old School Jungle→D'n'B/ Trap, Techno, Sound Collage and Musical Improvisation.

おもちゃ箱のような音
カラフルにパッチングされたモジュラーシンセサイザーを使い、リアルタイムに音を合成・創造し演奏する。

沖縄・東京を拠点として、モジュラーシンセのライブを行なっている。

近年は『モジュラーフェスティバル・2016/2017 Tokyo Festival of Modular @Super Deluxe/Tokyo Red Bull Studio』、『Modular Cafe @Space Orbit Tokyo』等々に出演、ベースミュージック~クラブダンスフロアからフリーインプロ〜インスタレーションまで、モジュラーシンセサイザーの可能性を拡大させている。

KIM

その昔、沖縄で「DENKIROK」という企画を発動させ、とある浜でテクノレイヴと称し24時間ほど駆け抜ける。数年後、「レイヴ」という単語の独り歩きを経て、浜使用の許可が下りずに継続叶わず。毎年の「シラフなのに記憶がない」という開催の思い出と共に一旦幕を閉じる。
フェスは主催するより客で行く方が100倍楽しめることに気付いたため、今までの苦行を塗り替えるべく遊ぶも相変わらず「記憶がない」ということで一致。
たまに声が掛かるようになり、DJとしてラインナップされるが天邪鬼すぎて周りを困らせる。プレイスタイルは拾い食い。テクノとヒップホップ、エレクトロニカとノイズが好物。そしてテキーラ。

Twitter→https://twitter.com/DENKIROK
Soundcloud→https://soundcloud.com/dj_kim